モルックについて

道具

モルック

投げる棒のことをモルックという。
下手投げを行うのが基本。

スキットル

木製のピン。モルックを投げて
スキットルを倒す。

モルッカーリ

モルックを投げる位置を示す。
地面において使用します。
※なくてもOK。


ルール

モルックを投げて倒れたスキットルの内容によって、50点ピッタリになるまで得点した方が勝ち!


モルックを投げる地点にモルッカーリを置き、そこから3~4m離れたところにスキットルを右の図の順番に並べます。これがゲームスタート時の配置です。投擲時にモルッカーリに触れたり、踏み越えるとフォルトとなり0点となります。


2チーム以上で対戦しますので投擲順を1本しか倒れなかった場合は、「倒れたスキットルに書かれている数字=点数」となり、先に50点先取した方の勝利となります。

スキットルは、倒された地点で再び立てられます。スキットルは2チーム以上で対戦しますので投擲順を決め、順番にモルックを投げてスキットルを倒します。このとき複数本のスキットルが倒れた場合は、「倒れた本数=点数」となります


スキットルは、倒された地点で再び立てられます。
スキットルはゲームが進むにつれて広がり、倒すのが難しくなってきます。いずれかのチームが50点を先取した時点でゲーム終了となります。


完全に倒れていない場合

スキットルが完全に倒れていない
(重なって地面についていない)
場合はカウントしません。

50点を超えた場合

50点を超えて得点した場合、
25点へ減点され、
ゲームは継続されます。

3回ミスが続いた場合

3回連続スキットルを倒せず、
失投した場合0点と記録され、
失格となります。


モルックアウトとは?

3試合の累計などで勝敗を決める際に、同点になった場合に行われます。

  • 図のように、手前から[6]、[4]、[12]、[10]、[8]の順にスキットルを並べる。
    その際モルック(投げ棒)の長さの間隔にする。
  • それぞれのチームメンバーが1回ずつモルックを投げる。
    投げられる度にスキットルは元の位置に戻す。
  • 点数は通常のモルックと同じように計算します。
    (1本倒れたらスキットルの数が点数、数本倒れたら倒れた本数が点数)
  • チームの総得点で勝敗を決めます。
  • チーム点数が同点になった場合は、1対1でサドンデス勝負をします。
    [12]だけなど、高得点1本を狙うのが難しいので、コントロールとスキルが必要です。

モルックの投げ方と持ち方

基本フォーム

  • 下手投げ。モルックの重心が安定するように握り、狙いを定め数回の素振りの後に投擲、フォロースルーへの意識も大切。足は揃える流派と縦に開く流派、また屈伸を利用する流派と腕の力だけで投げる流派が併存。多くの人にとって基本フォームとなるので狙いを定めやすい。
  • 軌道は緩やかな放物線状。
  • 目標スキットル周辺に障害がなく確実に得点を狙う場合には最適。
  • SHORT RANGE:3〜4m
  • LONG RANGE:7m〜

ラハティ投げ

  • 重心を落として構え、スキットル手前から転がすイメージで狙い、腕の力を利用して比較的強く投擲。モルック発祥の地フィンランドのラハティで発見された。
  • 棒速が速いので軌道はほぼスキットルに向けて一直線となる。
  • 相手の邪魔になるよう、スキットルを遠くに飛ばしたいとき等に有効。
  • ただしバウンドによる軌道の予期せぬ変化も起こるため、グランドコンディションに大きく左右される。

  • SHORT RANGE:3〜4m
  • LONG RANGE:7m〜

裏投げ

  • 普通の投げ方のフォームに逆手でモルックを握り、軽くバックスピンをかけ投擲。
  • 軌道は放物線状となる。
  • 縦に並んだスキットルのうち1本だけ倒したいときに有効。
  • また着地後の動きが少ないのでスキットルをあまり動かしたくないときにも有効。
  • ただし相当な精度を要求される。

  • SHORT RANGE:3〜4m
  • LONG RANGE:5m〜7m

縦投げ

  • モルックを縦に持って投げる。
  • スキットル直前で着地し余力で目標スキットルを倒すくらいの軌道が理想。
  • 横に並んだスキットルのうち1本だけ倒したいときに有効
  • ただし相当な精度を要求される。

  • SHORT RANGE:3〜4m
  • LONG RANGE: —–